フォト
無料ブログはココログ

« 熱暴走…? | トップページ | 倭建命 ~故郷は~ »

2012年5月 5日 (土)

筑波山わず

今日は立夏。
25℃を超えて,夏日になりました。(筑波山は28℃)
今日は大型連休の最中で,家内と一緒にここへ向かいます。

P1000001_R遠景

カーナビにしたがうと,ちょっと裏道を通ったので,渋滞は最後の1.7km。
でも,その距離に1時間半ほどかかりましたが・・・。

P1000006_R
つつじが丘のロープウェイから女体山へ。

P1000013_R
女体山頂から男体山を望む。

女体山頂に行くには,登山渋滞で,残念ながらあきらめました。
また,機会があったら頂上まで・・・。

ロープウェイで引き返して,昼食,お土産を買った後,筑波山神社へ。

P1000032_R参道入り口

P1000030_R奥に見えるのが筑波山神社

P1000022_R筑波山神社

第十代崇神天皇の代(約2000年前)につくられ,倭建命(ヤマトタケルノミコト)が登山したことが古事記に書かれているそうです。
祭神は
筑波男ノ神(男体山)伊弉諾尊(イザナギノミコト)
筑波女ノ神(女体山)伊弉冊尊(イザナミノミコト)
摂社に
稲村神社(天照大御神):イナムラジンジャ(アマテラスオオミノカミ)
安座常神社(素戔嗚尊):アザトコジンジャ(スサノオノミコト)
小原木神社(月読尊):コハラギジンジャ(ツクヨミノミコト)
渡神社(蛭子命):ワタリジンジャ(ヒルコノミコト)
とのこと。(一家勢ぞろいですねぇ)
(もう一回古事記と日本書紀を読み直さなければ・・・)
家内は,ご朱印をいただいて。
P1000036_R

隣接する朝日稲荷神社へ行く途中の道には
P1000026_R
シャガが咲いていました。

これはアヤメやショウブと同じ仲間。
葉の形が独特で,葉の付け根から茎を抱くようにして,上部では葉がくっついています。

植物の葉は,茎に沿って下からしごきあげていくと,茎にくっつくのが表,くっつかないのが裏と決められています。
アヤメやショウブ,シャガの葉は茎を抱いて,すぐ表側がくっついているので,内側が表,目に見える外側は全部裏になり,「単面葉」と呼ばれます。
(長ネギの葉は内側のヌルヌルしているところが表,外側の緑色のところが裏で,やはり「単面葉」です。)

そういえば,今日は5月5日,立夏でもありますが,端午の節句です。
これからショウブ湯(菖蒲湯)に入って体を温めほぐしてから,寝るとしましょう。
P1000034_R
ショウブとヨモギを入れました。
(このショウブにきれいな花は咲きません。きれいな花が咲くのはハナショウブ。このショウブとは別のものです。)

« 熱暴走…? | トップページ | 倭建命 ~故郷は~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123530/54640595

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山わず:

« 熱暴走…? | トップページ | 倭建命 ~故郷は~ »