フォト
無料ブログはココログ

« 筑波山わず | トップページ | ツタンカーメンのエンドウマメ »

2012年5月 6日 (日)

倭建命 ~故郷は~

大和は
國のまほろば
たたなづく
青がき
山ごもれる
大和し
美し
倭建命(古事記)

JR桜井線(奈良県),巻向駅から南。
右手に箸墓古墳,左手に檜原神社,遠くに大和三山(畝傍山,耳成山,天の香具山)を望む井寺池のほとりに,川端康成の手によるこの歌の碑があります。

ここから少し離れた平城京に都が遷ったのは西暦710年,2010年は平常遷都1300年にあたり,今年2012年は古事記編纂1300年にあたります。

倭建命(ヤマトタケルノミコト:この表記は古事記のもの。日本書紀は「日本武尊」)の故郷は大和,「まほろば」とは「とてもいいところ」という意味だそうです。

昨日行った筑波神社の門には,向かって左側に倭建命,右側に豊木入日子命(トヨキイリヒコノミコト:崇神天皇の皇子,上野君,下野君の祖となった)の像がありました。
P1000028_R

倭建命にとって,故郷大和は「まほろば」でした。

私は,生まれも育ちも千葉県銚子市。(学生時代と,職に就いてから少し離れてはいましたが))銚子は私の「まほろば」。
自然豊か(ただ単に”田舎”というわけではありません),幼稚園から大学までそろっている学問の町でもあります。
食も豊富,気候も温暖だし,こんな「まほろば」はない!!と思っているのですが・・・。

一度おいでいただけると,その良さがわかります。<田舎ですけど>

« 筑波山わず | トップページ | ツタンカーメンのエンドウマメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123530/54644443

この記事へのトラックバック一覧です: 倭建命 ~故郷は~:

« 筑波山わず | トップページ | ツタンカーメンのエンドウマメ »