フォト
無料ブログはココログ

« 梅雨入りです | トップページ | 銀河鉄道の夜 »

2012年6月29日 (金)

I Robot

  ロボットという言葉が初めてつかわれたのは,カレル・チャペック(チェコ)の「R.U.R.」(ロッサム ユニバーサル ロボット:ロッサム ロボット 株式会社)。   
  チェコ語の Robota(労働)が語源なのだそうな。(カレル・チャペックはこのほかに「山椒魚戦争」という作品もあります。これもなかなか面白い。)

  この後,アイザック・アシモフの 「I Robot」 (邦訳:われはロボット)で「ロボット工学三原則」が提唱されます。

  • 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
  • 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
  • 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

— 2058年の「ロボット工学ハンドブック」第56版(by Wikipedia)

  これ以来,ロボットはすべてこの三原則がプログラミングされてから出荷(?)される,とのこと。(SFの世界ですけど)

  今から30年ほど前,「採用試験」を受けた時に出された作文の題が「人間性」でした。
  さて,何を書こうか。
  ふと,頭に浮かんだのが,このロボット工学三原則でした。

  ロボット工学三原則にすべて当てはまるヒト(おぉ,生物関係の表現ですねぇ。「人」じゃなくて,「ヒト」なんて)がいたらどうだろうか?
  それはヒトじゃない。ロボットになってしまう。
  原則からちょっと外れたところに「ヒト」があるんじゃないか,(「悪い心」と表現したと思いますが。)と書いた記憶があります。

  この作文は,当時,私を採用してくださったT.Ks校長先生に結構受けて,おかげで今の私があるという・・・。
  今思えば,とんでもない作文を書いたものだと思っております。

# 「I Robot」 には「ロビー」というロボットが登場します。「鉄人28号」に出てきた3歩足のものとはちょっと違いますが・・・。

« 梅雨入りです | トップページ | 銀河鉄道の夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123530/55081221

この記事へのトラックバック一覧です: I Robot:

« 梅雨入りです | トップページ | 銀河鉄道の夜 »