フォト
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月21日 (土)

浅間様

自宅の近くに(歩いて1分)浅間神社(せんげんじんじゃ)があります。今日はその祭りの日。   
本来は7月13日だったそうですが,平日になるのは・・・というので,今は7月第3土曜日ということになっています。

 

すごい人出です。とてもまっすぐ歩けません。見えるのは前の人の背中だけ・・・。   
それでも,家内といっしょにお参りして,お札をいただいてきました。   
ついでに,出店でたこ焼きも買って・・・。

 

浅間神社は木花乃佐久夜毘売命(コノハナノサクヤヒメ:記)<木花開耶姫:紀>を祭った社。   
木花乃佐久夜毘売命は,天孫降臨のおり,瓊瓊杵尊(ニニギノミコト:天照大神の孫)の妻になり,火照命(ホデリノミコト=海幸彦),火須勢理命(ホスセリノミコト),火遠理命(ホオリノミコト=山幸彦)の母となりました。   
このうち,火遠理命(山幸彦)と海神 綿津見神(ワタツミノカミ)の娘 豊玉毘売(トヨタマヒメ)の間に生まれたのが鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)。   
鵜葺草葺不合命と豊玉毘売の妹(つまり叔母さん)である玉依姫(タマヨリヒメ)の間に生まれた四男が神倭伊波禮毘古命(カムヤマトイワレヒコノミコト)=神武天皇(最初の天皇)となるわけです。   
(とうことが,古事記や日本書紀に書いてある。)

 

社にお参りして,¥1,000-払うと「浅間神社」と「愛宕神社」の2枚の神璽がいただけます。(現実的~)

 

浅間神社の向かい側,というか,我が家に近く,歩いて30秒のところにある愛宕神社(あたごじんじゃ)は,火産霊神(カグツチ)が祭神。   
火の(竈(かまど)の)神様とされていますが,記紀では伊弉冉命(イザナミノミコト)が産んだ最後の子で,そのために伊弉冉命は命を落とし,父である伊弉諾命(イザナギノミコト)に首を切られてしまうという,悲劇の神様です。   
でも,その血や遺体から,さまざまな神様が生まれていきました。

 

記紀にも出てくるこのような神様が(祭っている神社が)案外身近にあるんですねぇ。   
今年(2012年)は古事記編纂1300年だそうです。関連書籍もたくさん出ています。いくつか読んでみましょうか。

2012年7月 9日 (月)

富士にはよく似合う・・・

富士には月見草がよく似合う   
我が家の庭からは富士山は見えませんが,似合うものが花を咲かせました。

 

P1000006_RP1000008_R

 

月見草,宵待草なんて言いますが,和名は マツヨイグサ ですね。

 

アレチマツヨイグサ,オオマツヨイグサ,コマツヨイグサ など身近にはいろいろなものがあります。   
これは,花がしぼむと赤くなるので,マツヨイグサ(アカバナ科) Oneothera stricta Ledeb. です。   
夕方に花を開き,翌朝にはしぼんでしまう,まさに マツヨイグサ(待宵草)。

 

ついでに,リュウノヒゲ(ジャノヒゲ:ユリ科) Ophiopogon japonicus Ker-Gawler も花を咲かせました。

 

P1000009_RP1000010_R

 

# リュウノヒゲといえば,新井素子 著 「グリーンレクイエム」。   
リュウノヒゲのような,緑色の髪を持った女の子・・・宇宙人なんですが・・・の物語。   
ちょっと悲しいお話です。続編「グリーンレクイエム2」もあります。ご一読いかがですか?

2012年7月 7日 (土)

七夕

〽ささのは さらさら のきばにゆれる ・・・

 

七夕です。   
残念ながら,大雨。溶けて流れちゃいそうです。   
でも,見てください。   
こと座のベガ(織姫)と わし座のアルタイル(彦星)です。中に流れるのは天の川,仲を取り持つのは白鳥座のデネブ。   
(ベガ,アルタイル,デネブで夏の大三角形)

 

tanabata

 

なぜこんな写真が撮れたか,それは・・・写真ではないからです!!(恒星や星座の名前が書いてあるんですから,当たり前かぁ)   
Mikata(三鷹の天文台)という天文ソフトを使って,画面をキャプチャーしたものです。http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/   
なかなかよくできでいますよねぇ。天候に左右されずに夜空が眺められるっていうのは・・・。

 

〽時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 七夕祭り はずれさやけき 杜の都 ・・・ (青葉城恋歌)

 

この歌がはやった昭和53年,私は仙台にいて,宮城県沖地震にあいました。   
ブロック塀が倒れる,ビルの一階部分が崩れるなど,被害は大きいものでした。   
私自身はちょうど大学からの帰りで,バスから降りたところでした。   
とても立っていられず,わきにあった金網のフェンスをつかんだことを覚えています。   
幸い四畳半の下宿は大きな被害はなく,私自身の生活に大きな変化はなかったのですが,被災された方は大変苦労されたようです。   
当時の私の大学の先輩や同輩は今でも宮城県に住んでいる方が多く,3.11の震災でも大変苦労なさっています。   
少しでも早い復興をお祈りします。

 

# 時間ができたら,仙台にある墓参り(家内の実家は仙台!!)にも行きたいんですが・・・

2012年7月 1日 (日)

銀河鉄道の夜

宮沢賢治 原作のおなじみのお話です。

 

今日は,地元の劇団「日曜会」がこれを上演するとのことで,観に行きました。   
実は,日曜会会長 H.Skm先生は高校時代の私の担任。   
そのほかにも,A.Kid先生など,お世話になった方が出演&スタッフ(人数的に手が足りないんですね。役者とスタッフ兼任です。)   
学校の生徒も出演とのことで,楽しみにしていました。

 

1時間とちょっとの上演でしたが,なかなか良かった,十分堪能させていただきました。   
本校の演劇部ってなかなかやるのね!!   
文化祭の時も観に行きましたが,「精霊です!!」ってセリフが妙に頭に残ってます。   
その脚本も生徒自ら書いたとのこと。ほんとによくやってますね!!   
もうすぐ,期末テストだからね。そっちも頑張ってね。

 

# 銀河鉄道といえば,我が家には「999」が全巻そろってますが。そっちもなかなか捨てがたい。   
宮沢賢治のほうはといえば,もうすぐ「グスコーブドリの伝記」が映画で上演されますねぇ。   
キャラクターデザインは ますむらひろし さんでしたか。   
20数年前に,同じキャラの「銀河鉄道の夜」の映画見に行きました。ビデオも買ったはずなんだけど,どこ行ったんでしょう?もっとも,見つかったとしても,機械がないのでもう見ることはできませんけど・・・。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »